記事一覧

黒糖焼酎専門店が楽天市場ショップ・オブ・ザ・ウィーク(週間MVP)

21世紀に入る前、僕はPCめぐみさんへ酒類販売数量管理システムを納品した。

そして、
このシステムはOSのバージョンアップを繰り返しながら、現在も活用して頂いている。
ありがたいな。

そういえば、僕の結婚披露宴(2000年)にもPCめぐみの恵社長も招待したっけ。


奄美大島の繁華街 屋仁川(やにがわ)
PCめぐみは、屋仁川で創業し、かれこれ60年ほど酒店を営んでいる。

地方の景気はなかなか良くならないそうだ。
残念ながら、奄美大島も景気が良いとはいえない。

鹿児島県下でも有数の繁華街 屋仁川でさえ、地域経済の影響を受け、飲食店等は苦闘が続いている。

シマのみんながお酒を飲まなくなった訳ではない。一人ひとりは、ほがらかにお酒を楽しんでいるのだけれど、人口流出と少子高齢化のため、黒糖焼酎の消費量が一時的に増えることはあっても、右肩下がりの傾向から脱却できないでいる。


奄美群島の人口(国政調査)

昭和25年 222,779人
昭和60年 153,062人
平成22年 118,773人



島内消費の推移・将来を見通して、PCめぐみさんでは21世紀初頭にネットショップを始めた。

小難しい事ではない。
店頭の売上が低迷する中、100円でも、200円でも売上をあげたい。

そんな気持ちから、ほんとうに細々と、コツコツと頑張ってきた。



「奄美のめぐみ」が楽天市場へ出店されるにあたって、僕は次のように助言した。
「楽天市場でネットショップをするなら、そのジャンルで1位にならない限り、安定したショップ運営は望めない。」

現在、楽天市場の公式発表では、1店舗の平均月商400万円程度。

この水準を突破して、半人前。
ジャンルで1位を目指すためには、最低でも平均月商2~3倍の月商を達成しなければならないだろう。

たしかに、
全国テレビ等で取り扱い商材が紹介されると1週間程度は売り上げは急増はする。

でも、それはご褒美みたいなもので、ネットショップ運営の本質ではない。そんなモノばかりを追い求めていると、早晩、行き詰まってしまう。

持続可能な成長を。

ジャンル1位を目指す過程で、ショップ従事者が、そして、ネットショップ自体が、ネットショップとして一人前の思考を持つように育っていく、育っていかざるを得ない。外注では、なしえない。


自動販売機ではない、通販サイトの顧客対応。


そのためには、コツコツと粘り強く取り組むしかないのだ。

まっこ姉、10年間、本当にご苦労様でした。



2016年2月12日付で、
【黒糖焼酎専門店】奄美のめぐみが、日本酒・焼酎ジャンルで楽天市場ショップ・オブ・ザ・ウィーク(通称:週間MVP、2016年2月第2週)を受賞しました。

rakutenmvp.jpg


最後までご覧いただきましてありがとうございます!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パソコンお助け隊

Author:パソコンお助け隊
 奄美市でパソコン修理、PCトラブルにお悩みなら、奄美ICT「パソコンお助け隊」。


 奄美ICT「パソコンお助け隊」


 住所:
 〒894-0007 奄美市名瀬和光町2-1

 時間:
 平日 9:30 ~ 12:00


 連絡先:
 0997-53-3421

 ※当面、パソコンお助け隊は午前中のみの受付とさせていただきます。


 パソコンお助け隊 無料相談フォーム



 奄美ICT株式会社では、パソコン修理、パソコン・トラブルの解消依頼が最近急増しており、パソコンの不調にお困りの方を対象に、あらたに「パソコンお助け隊」サービスを始めました。


 本ブログでは、実際の事例等をご紹介するとともに、PCユーザ、スマホユーザのお役に立てる情報をご提供して参りますので、ぜひ、ご覧ください。



 申し遅れました。

 私は、奄美ICT株式会社の前田守と申します。

 奄美大島でITに携わって、17年ほどになります。
 世界自然遺産に推されるほど、豊かな自然に囲まれた奄美大島。ほんとうに大好きです。このシマで暮らしながら情報発信できるのは、楽しいものですよ。

 パソコンお助け隊のサポート範囲は、奄美大島(奄美市、笠利町、龍郷町、住用町、大和村、宇検村、瀬戸内町)一円です。

 旅費等ご負担頂ける場合に、その他の奄美群島(加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)全域でも、対応させて頂くこともあります。



 弊社のサービス等、気になる方は、こちらもご覧ください。 → 奄美ICT株式会社 ホームページ制作・作成


 Facebookでは、いつも本音を語っています。かなり刺激的なこともあるので、友達申請してください。

 Facebook 前田守 ユーザーページ

 本ブログをお読みいただきまして、有難うございます!